■フリーダムな動きは猫そのもの

皆さんはどんなスマホアプリにハマってますか?パズドラ、スクフェス、デレステ、あんスタ…。

私は『黒猫のウィズ』と『妖怪ウォッチぷにぷに』にハマっていたのですが、先日インストールした『ぬこしょうぎ』に衝撃を受けました。

■新感覚、ノンストップバトル将棋ゲーム

nuko03
(ゲームのスクリーンショット)

ゆるい猫のアイコンでどうせ駒が猫なだけでしょ…と侮ることなかれ。

ぬこしょうぎ』は非常に”戦闘能力”の高い将棋ゲームなのです。

将棋はターン制バトルですが、この『ぬこしょうぎ』は一度に好きなだけ駒を動かせます。

「ゲームが成り立つの?!」「早く動かしたら勝ちでは?」と思うかもしれませんがなかなか思うどおりにいかない…!

nuko01

しかも完全対人制なのでCPU対戦で慣れてから…と思って「はじめ」としか描いていない肉球のボタンを押したらいきなり対人戦が始まります。

普通の将棋は早くても数十分で勝敗が着くと思いますが、『ぬこしょうぎ』は早いときは10秒ぐらいで勝敗が決まってしまいます。

普通の将棋と違う点、同じ点をまとめてみました。

【普通の将棋と違う点】

1.相手のターンを待たずに一度に好きなだけ動かしていい
相手の一手を見て考える

2.コマごとにウェイトタイムがある
コマごとに時間が違い、敵陣に入ると更に時間が遅くなります。

3.コマを強化できる
いわゆる、やりこみ要素ですね。バトルと広告視聴で得られる「サバ缶」で駒を強くできます。
強化すると、ウェイトタイムが縮まります。強化すればするほど早くコマを動かせるという仕組みです

【普通の将棋と同じ点】
1.王が取られたら負け
守ることに気を取られてしまい、気がつくと一人きりになっていることも

2.獲った駒は使える
突如自陣にテレポートしてくる飛車角にただ怯えるばかり。

 

■ゲームのスピード感に、まるで興奮した”猫”状態になることも

nuko04

ランクが8つあり、C級2組から神まで。神ランクだと勝ったときにもらえる報酬のサバ缶が「2億3000万」という桁に。

C級2組からはじまり、C級1組、B級2組まで来ましたがランクが上がるといきなり勝てなくなる現象に。

考えて指す将棋ではなく、条件反射で指す将棋なので余裕が無いほど、定石になってしまうんですね。
nuko02

基本的には同じランクの人同士でのランクマッチになるのですが、フレンドマッチ機能もありルーム対戦もできます。

しかし同じ人と対戦していたら同じ戦法で勝ち続けるか負け続けてあまりおもしろくないのかも?と思ったり。

ある程度レベルが上がると操作の速さが重要になってくるのでネット回線が気になる始末。

自陣にどんどん攻め入ってくる相手の駒を見ると、アドレナリンがぶわーッと出て来るのを感じます。

猫のフリーダムな動きを見事に表現した『ぬこしょうぎ』。皆さんも一戦、いかがでしょうか?